ゴールドカードを持っていると女性にモテる

利用によるメリット

男性

会計がスムーズに

電子マネーとは、現金をチャージしておくことで、その金額に応じた買い物が可能になるというカードです。たとえば1万円をチャージしておけば、それを会計時に提示することで、1万円分の商品を購入できるようになります。もちろん3千円分の商品を購入した場合には、残りの7千円については別の機会に利用することができます。そして1万円分を使い切った場合には、新たにチャージすることで、さらにその分を買い物に利用できるようになるのです。そのため電子マネーがあれば、それを利用できるショップでは、会計時に現金を出す必要も、つり銭が現金で出されることもなくなります。その分会計がスムーズに進むので、レジでの混雑が起こりにくくなるでしょう。また、現金を多く持ち歩く必要もなくなるので、財布が分厚くなったり、硬貨を落としたりするリスクも低くなるのです。クレジットカードにも同様のメリットがありますが、クレジットカードの場合は利用する前に審査を受けることが必要となります。年齢や職業や年収などがチェックされ、計画的に利用できると判断された人のみが、契約できるようになっているのです。ところが電子マネーの場合は、審査が不要となっているので、基本的には誰でも手に入れることができます。このように、気軽に利用を開始できる点も、電子マネーのメリットのひとつと言えます。ただし、クレジットカードと一体化している電子マネーもあり、この場合は利用前に審査を受けることになります。